ランドセル2018年新作@人気ランドセル特集! > ランドセルの選び方 > コードバン製ランドセルの人気ブランド一覧はコチラ

コードバン製ランドセルの人気ブランド一覧はコチラ

Pocket

コードバンのランドセル

コードバンは、北欧の限られた地域でのみ育成される「馬のおしり」部分の革を使って作られる希少性の高い素材で「革のダイヤモンド」と呼ばれています。

一頭の馬のおしりの革からは、ランドセルのかぶせ2個分しか作れないほど貴重な素材です。

また、馬のおしりの革は綿密な繊維の層で厚くて丈夫であるため、この素材を製品加工するには手間と技術が必要となります。

希少性の高さと手間・技術力が必要なことからも、価値の高いランドセルとして商品化されてきました。

商品化されたランドセルは、コードバン皮独特の美しい艶とすべすべの優しい手触りで、より一層の高級感を感じさせます。

さらに耐久性は群を抜いていて、6年間使い続けるうえでも安心して利用することができます。

 

コードバンのデメリットってあるの?

1,価格が高いってのは本当!

はい。これは他の素材のランドセルと比較すると、価格は高くなります。

一頭の馬のお尻から取れる革の量がランドセルのカブセ2個分ということもあり、希少な素材であるため原材料費も高くなっています。

また、高い技術力を持って時間を掛けて作るため、工賃も他の素材と比較すると高くせざるを得ません。

それだけの完成品の革の風合いや色艶などは、高級感と革独特の天然皮革の質感が感じられる出来上がりになっています。

 

2,お手入れが大変ってのは間違い!

コードバンは耐久性は高いけど、お手入れが大変だ思っている方が多いようです。

汚れた時には、硬くしぼった布・ふきんで優しく水拭きし、その後に乾いた布・ふきんで乾拭きするだけで大丈夫です。

これはクラリーノ素材(人工皮革)でも同じです。

 

3,水に弱いってのは間違い

最近のランドセルは撥水加工が施されているため、雨に濡れた時でも水を弾く仕様になっています。

水に濡れた場合は、乾いた布で優しく水滴を拭きとるだけで大丈夫です。

乾いた後にお手入れ用のオイルなどを塗る必要もありません。

ただ、急速に乾かそうとしてドライヤー等を使うと、ひび割れや縮みの原因になることがあるので使用しないようにしましょう。

濡れたら乾いた布で拭いて、その後は直射日光の当たらない場所で自然乾燥するだけで大丈夫です。

 

4,重いことは重いけど・・・

コードバンだけでなく牛革なども含めた自然皮革のランドセルは重いという印象があります。

実際にクラリーノ素材(合成皮革)のランドセルと重量を比較してみると、重さの違いは下記になります。

【コードバン素材のランドセル】

■土屋鞄コードバンベーシック
・内寸:高さ(最高部) 31.0cm 幅 22.3cm マチ(奥行き) 11.5cm
・重量:1,420g前後

■萬勇鞄ベーシック(コードバン):
・内寸:高さ320×大マチ120×横235mm
・重量:約1,500g

【クラリーノ(人工皮革)素材のランドセル】

■フィットちゃんランドセル:プレミアムフィットちゃん あい・愛ティアラ(FIT-213Z)
・内寸:縦310mm×横233mm×奥行120mm
・重量:1180g前後

■天使のはね MODEL ROYAL
・内寸:高さ約31cm×幅約23.5cm×マチ幅約11.5cm
・重量:約1,170g

 

コードバンとクラリーノ素材のランドセルでは、約300g~330gほどの重さの違いがあります。

300gがどれくらいの重さかというと、小学生が使うショウワノートのジャポニカ学習帳が1冊94gの重さです。

ノートで換算すると3冊分くらい重くなるというイメージです。

これを重いと考えるかどうかですが、実際にお子さんがこの重さの違いに気付いて不満に感じることはまずありません。

どちらかというと、お子さんが気にするのは色味やデザインの方ですから。

「少しでも軽いほうがいい!」という親御さんには気になる差かもしれませんが、ほとんどの子供は重さを気にしないで通学しているのが現実です。

 

コードバンのデメリットと思われやすいことを説明してきましたが、最終的に「価格」が一番大きなポイントと言えます。

クラリーノ素材のランドセルが4万円~6万円の価格帯に対して、コードバンは平均して8万円以上します。

希少価値の高い素材を使っていることと、高い技術力で時間を掛けて製作する工程が必要となるのでどうしても高額になってしまいます。

価格に見合う価値のある商品なので悩む方が多いのですが、毎年生産数が少ないので早めに決めないと完売してしまいますからご注意を。

今年はコードバン素材のランドセルで、8万円を切る商品も登場しているのでお値段でお悩みの方は一度ご確認下さい。

萬勇鞄ベーシック(男の子向け):(価格)73,440円(税込み)

萬勇鞄リリークレスト(男の子向け):(価格)79,920円(税込み)

萬勇鞄クローネティアラ(女の子向け):(価格)79,920円(税込み)

 

コードバン男の子向け

 

また、鞄工房系ランドセルブランドを中心にコードバンランドセルを発売しているブランを一覧は下記になります。

気になるブランドのアイテムをチェックしてみてください。

コードバンランドセルの人気ブランド一覧

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket

コードバン製ランドセルの人気ブランド一覧はコチラ:関連ページ

2018年度-人気ランドセルの販売&予約開始日一覧
ランドセルの販売開始時期が、年々早くなっています。 今年は「フィットちゃんランドセル」や「天使のはね」も、4月からランドセルの販売&予約受付けをスタートしています。   また、すぐに完売になってしまう工房系ラン […]
おじいさま・おばあさまにランドセルを買ってもらう場合はコチラ
ランドセル価格の相場は、平均で3万円~5万円と言われています。 その中で一番売れ筋の価格帯ですが、ここ数年で単価がアップしています。 例えばフィットちゃんランドセルの人気の価格帯は、2015年度データの1番人気は「30, […]
人気ランドセルブランドのA4フラットファイル対応ランドセルはコチラ!
  2017年度版以降のランドセルは、A4フラットファイル対応のランドセルがかなり増えてきました。 天使のはねや萬勇鞄ランドセルなど、全アイテムA4フラットファイル対応となっているランドセルブランドもあるほどで […]
小学校卒業!天使のはねを6年間使ってみたよ
今年の3月で我が家の次男が小学校を卒業しました。 こちらは卒業式前日に最後のランドセル登校を撮影した画像です。 あんなに大きかったランドセルも、今では少し小さく感じるほどに成長しました。 次男のランドセルは、祖母から買っ […]
A4フラットファイルのランドセルを選ばないとこうなります!
うちの次男はA4クリアファイル対応のイオンかるすぽを使っています。 で、5年生になって学校でもA4フラットファイルを使うようになりました。 その結果、彼はこんな姿で通学し始めたのです。 ご近所の目が恥ずかしいからやめて欲 […]
人気カラーについて
ランドセルの人気カラーは、今の親御さんが小学生の頃より格段に種類が増えています。 以前は「男のは黒」「女の子は赤」というのが主流でしたが、女の子の人気No.1カラーはピンクに変わり、男の子も黒色系が主流ですが青や赤のステ […]
ランドセルの素材について
ランドセルはデザインやカラーで選ぶ人が多いですが、素材のこともチェックしてみることをオススメします。 素材については、大きく分けて「人工皮革:クラリーノ」と「自然皮革:牛革・コードバン(馬のお尻の革)」の2種類があります […]
ランドセル選びのポイントについて
ランドセルを購入する場合にチェックしておきたいポイントは下記になります。   1,素材について ランドセルの素材については大きく分けて「人工皮革」と「天然皮革」の2種類があります。 人工皮革は「クラリーノ」、天 […]